バードの麻雀雑記帳

天鳳(チャオってなければ鳳南に居ます)やその他の麻雀記事を集めた雑記帳です、乾きまくった麻雀砂漠に水を掛けてやりたい…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

「東大を出たけれど」を読んでみた

随分と久々の更新、転職して禁煙したら10キロ太って白髪が増えた。近くに雀荘もない田舎住まいもあって、麻雀も…打たなくなってしまった。

先週、東京出張があり新幹線での車中手持無沙汰で<月刊ネットマージャン>を開くとある方のブログで件の本が刊行されたことを知った。そして、到着後すぐに書店へ駈け込んで購入した。

「東大を出たけれど」は麻雀プロの須田良規氏が雑誌「近代麻雀」(2度ほど顔写真と名前を掲載して頂いたことがある)に連載していたコラムである。

東京大学卒業、という異色の経歴ながら雀荘勤務という職業に就く氏の焦燥感だったり諦観だったりが麻雀を舞台に描かれている。

僕はこのコラムが連載当初から大好きだった。理由は世界観がとことん…<モノクローム>からだと思う、あとどこまでも文体が<乾いて>いるからか。

麻雀ってどれだけ打っても最強になれる訳でもなく…ただ無為に時間が過ぎて行くような…最近の僕はこう思ってるのもあって麻雀(ゲームやネットでも)を打たなくなったように思う。

しかしの頃は薄々とはそれを知りつつも麻雀に狂っていた、この本に出てくる人物のような自堕落に過ぎる生活を送っていたものだ。

その当時、このコラムはある種の「救い」だったような気がする。人生の大切な時期にゲームに狂っている自分を肯定してくれる、と思っていた(今にすればとんでもない甘えでしかないが)からこそ大好きだった。

乾きまくった砂漠のようでありそこにあるオアシスのようでもある、しかし読んでてこんなに喉が「渇く」本もない。

確か連載時はいずれ本になる予定だったと思う、しかしその話もいつの間にか立ち消えた。「あぁ、切抜きでも作っとけばよかったなぁ」と思っていたのだがなぜか今刊行。まぁ一ファンとして素直に喜ぶことにしよう。

(このブログもまんまこの本の「オマージュ」である、しかもかなりの劣化版で。。)

漫画化もされているけどこちらの方が個人的にはオススメ、麻雀を打たなくなった自分でも楽しめるし打ち続ける人にこそ是非読んで欲しい一冊。


たまに東京に戻った(10年くらい住んでいた)時くらいそこでしか出来ないことをすればいいのにこの本をあっという間に読み終える、そしてふと麻雀を打ちに行って結構なやられ方をしてきた。

「アツい」と思わなくもなかったが、帰りの新幹線の時間もあり後ろ髪を引かれる思いで辞去。

帰りの車中、またパラパラと本をめくる。眠たい頭で<麻雀を打たなくなってから大好きだったコラムが本になった>という出来事にどこか皮肉めいたものを感じていた…。
このページのトップへ

ラストスマイル 第12話

セナがプロになり活動を始めた、週末はリーグ戦などに出つつ各地の雀荘へゲストで行っているようだった。

休みの日は大体一緒にいることが多い、ある日プロに撮ってもらったという宣材写真が出来たらしく見せてもらった。

「なんかお化粧濃くない?キャバクラ嬢みたいだな」

普段とは趣の違う姿に少しドキッとしていたのだがその緊張を悟らせまいとオレはこんなこと言った。

「そう?カメラマンの人に褒めてもらったんだけどなぁ、かわいくない?」

彼女がこんなことを聞いてきたので

「かわいいよ」

素直な感想も言っておいた。判官贔屓の感は否めないだろうが同期で受かったどの女性よりも彼女は綺麗だった。

「こうやって見てると芸能人みたいだよね」

屈折したことを言うだけでは芸が無い、さらに褒める。

「ホントに?嬉しいなぁ、実は昔ちょっとだけオーディションみたいなの受けたことがあるんだ。ショックなこと言われて諦めたけどね」

「何て言われたの?」

「…ポルノ・スターにならすぐしてやるって」

「…随分質の悪いジョークだね」

当時はその下衆な冗談を笑い飛ばすことも出来なかった、ただ嫌悪感だけがあった。だがその後自分が芸能業界で働くことになり、その類の話が星の数ほど転がっている現実をその時は知らなかった。

「君はそこの団体の誰よりも綺麗だと思うよ、今度ゲストしてる店に打ちに行って見に行かなきゃ」

慰めるつもりでもなかったがこんなことを言ってみた。

「えっ、ホントに?いつ来てくれるの?」

彼女のテンションが急激に上がって思わず面食らう。

「えっ、まぁ…いつでもいいよ。あぁ、あんまりお客さん居ないの?」

麻雀はいつも打っているのでどこで打とうが関係ない、だがオレが行くことで少しでも彼女の面子が立つなら行ってみようという気になっていた。

「あぁ、元々その店で打ってたお客さんが殆どだよね。けど私がゲストに行ってる店に毎回来てくれる人も居るよ」

「なんだ、ファンいるんじゃん。ファンは大事にしたほうがいいよ」

「ファンなのかな?でも中にはちょっとキモい人とかも居るしなぁ」

新人プロに既にファンが居ることも驚きだったし「中には」ということは最低でも複数居るらしいということにも驚いた。

「なんかそんな人たちと打つのちょっと気後れするなぁ、どの面下げてというか…」

「なんで?いいじゃない、<オレの女>くらいに言ってくれていいよ」

彼女から<オレの女>なんて言葉が出てまたドキッとする、そういえば彼女のことはまだよく知らないままだった。

しかし、何を知ったところで彼女の過去を変えられるわけでもなくこれからの時間しか共有することは出来ない。

正直言うとたくさんファンが居ると思うとなんだか不安に似た感覚もあった、なんとも恥ずかしい感情だった。

やはり、ここで悶々としているくらいなら一度行ってみるしかない。

「…じゃあ次のゲストの店に行ってみるよ」

「やったぁ、嬉しいな」

次回ゲストは3日後で池袋にある雀荘のようだった。

ただ麻雀を打ちに行くだけなんだが…、この時はどこか不思議な気持ちが胸いっぱいに広がっていたのだった…。
このページのトップへ

バードのフリー入門 4時間目

ここは半径100mしか電波の届かないミニFM局のスタジオ、今日も看板番組である「バードのフリー入門」(隔週木曜Am4:00~4:15分に絶賛ON AIR中)の収録が始まった。

オープニング、なぜかインキュバスのライブ盤に乗せて…。


バード「さぁさぁ、打ち切りになったと思いきやまた始まりました。バードのフリー入門のお時間です」

アシ「隔週放送じゃなかったんです?」                                 

バード「そこは諸事情ってことでゼンツするよ!

アシ「ハァ、じゃあお葉書いきますか。今日は静岡県にお住まいのペンネーム<実は紅茶派だなんて言えないよ>さんから、<対面の3連勝中のオジサンに差し馬を申し込まれました、どうしたらいいですか?>とのことです」

バード「あぁこれは困った事態ですねぇ、しかしこんなケースはたまにありますよ。でも自信や余裕がないなら瞬(○貞)みたいに「そんなに腕に自信がないので…」と素直に断りましょう、それで隆さんみたいな人に「やらないならそこどいてもらおうか」と言われたら素直に帰ればいいのです。何も麻雀が打てるのはそこだけではありません」

アシ「あぁ、無理してやることはないんですね?」

バード「そりゃそうですよ、けどやんわり断って席を立った方がいいかな。後は受けるにしても単位をはっきりさせたほうがいいですね、指1本たてて「どう?」なんて言われて1000ペチョかと思って受けて負けたら実は10000ぺチョだった…なんてイヤですからね」


アシ「なるほど、「何ペチョですか?」って聞いた方が安全ですよね。まさか円の訳ないですし…」

バード「そりゃ単位が円なら絶対にやる訳にはいかない!(キリッ デリケートはオブラートに包まなきゃ…

アシ「実際にこんなケースありました?」

バード「うん、対面の3連勝中のオッチャンに挑まれたことあるよ。それで断ったら店内にある自動販売機の午後の紅茶だって言うから受けたね」

アシ「なんか今日のお葉書と似てますね…まさか…」

バード「そこは気にすんな!それで安易に受けたはいいけどもし負けたら「オレが飲むのは英国王室御用達のロイヤルティーに決まってんだろ(U`皿´U)おんどれェ 」と言われるのかと思ってドキドキしてたw。けどその半荘僕が勝っちゃったんだよね」

アシ「ほぉ、ちゃんと貰えました?」

バード「うん、すぐくれたけどなぜかリアルゴールドだったw。「○○○(まぁ…その…下半身のこと)に効くって知らないの?」ってさも当然だろみたいな顔して渡されたよ」

アシ「それでどうでした?」

バード「まぁ普段はフリードリンクしか飲まないからほんの少しだけリッチな気分になれたかなぁ」

アシ「いや、そうじゃなくってオジサンの言ってた効用についてです!」

バード「あぁ、そっちw?何にも無いよ、てかそれって嘘でしょ?」

アシ「なんだ、相変わらずガッカリさせますね。じゃあとっとと締めてください」

バード「なぜ君が怒る?あっ、えーと次回は差し馬に関して少し違うケースのお葉書が来るような予感がするのでお楽しみに。また再来週!」

エンディングはグリーンデイの<Having a blast>が流れた…。
このページのトップへ

ファミリー交流戦の日記

去る6月1日、初の天鳳においての交流戦「メガネ部長ファミリー親睦会in若葉」に参加してきました。

企画して頂いたメガネ部長さんのブログにこんな画像で登場していてかなり恥ずかしかったですw。

バード

自分…麻雀は打てば打つほど分からなくなる質なのでもっと謙虚なタイプだと思うんですが…ww。

しかしせっかくの機会なので頑張りたいもの、打ちも打ったり12回打ちました。

東風戦って久々でしたけどスピード感がぱないですな。

バード「麻薬か!?」

こんなことを思ったりw、1回ハマると東南なんてダルくて打てないというのも分かる気がしました。

さて、肝心の結果ですが―

交流戦成績

バード「ww雑wwww魚wwwww」

散々な結果で終わってしまいました、実際にフリーだったらという換算はしたくもありませんww。

ヌルいヤツもたくさんありましたね…。

ファミリーのlibrary氏と同卓した時のこと、交流戦1くらい痛恨のオリ打ちをしました。6sは通る、テンパイ料欲しさの放銃はイヤなのですが8pの早切れと7pワンチャンコをなんとなく頼った結果(これはツモ切りが正解ですがカチカチ音鳴らして間違えた)が―



インパチ







ドカベン
*library氏、勝手に引用してすみませんw

しかしここで諦めずにまた手が入りました。

モッスー

バード「オレは…これをあがってきたんや…」


結果、当然のようにあがれずw。順当にラスでした。。


後、全員ファミリーという夢の対局も(*´ω`*)


ファミリー



バード「(´・ω・`)??」

初の交流戦はこうして終わりました…。

しかしホントにいい機会でした、またやってみたいものです。

部長さんを囲むオフ(こういうのも行ったことがない)とどっちが先に開催されるか、今から楽しみなのです。

皆様お疲れ様でした…。
このページのトップへ

メガネ部長ファミリー親睦会in若葉のお知らせ

先週の金曜日、リアルでちょっとイヤなことがあり半分泣きながら車を飛ばしフリー雀荘へ。そしてどこか上の空のまま卓に着き結構刺さってきてしまいました。。

この店で負けるのはかなりショックな出来事なのです…。

234一二三南南南白 9pアンカン ドラ2 

こんな手を出あがって裏ドラ乗らずのリーチドラ1、そしたら後ろ見してた人たちも口々に「1ハンアップで3900だな(キリッ」と言いそれでまかり通るような店です。

正解は面前30+ヤオチュウ牌アンカン32+南暗刻8+役牌2+単騎2=74 は80符2ハン、5200です。

まぁこんな店ですし客層はマナ悪が多いですが勝てるならいいか、と思っていたのですがこの店で結構負けました…。

そこで切実に思ったのです、それは―

バード「雀荘戦の練習が必要だ…」

と。

そんなことを思っていた矢先、素晴らしい機会を得ました。

敬愛するメガネ部長さんの企画で天鳳の雀荘戦で親睦会が開催されることに(*´ω`*)

日時:6月1日21:00~6月2日1:00くらい

場所:天鳳 雀荘戦 若葉卓 東風戦 喰赤祝2


でやるそうです、自分も21時から参加したいと思います。


しかし―

メガネ部長さんはリクエストをすると何でも叶えてくれる…。

バード「鳳凰民なったらプロポーズするんですよね?」

メガネ部長氏「はいっ!」(時期的なこともあったのだろうがホントにされるとのこと)

バード「漫画のバードいじり面白いですね、シリーズ化ということで…」

メガネ部長氏「はいっ!」(際どいラインを攻め続けた結果、アメブロの検閲に引っかかり記事が消される事態に)

バード「ファミリーの方と交流したいんですが何かないですか?」

メガネ部長氏「じゃあ親睦会しますっ!」(宇都宮オフの前に今回の企画を立ててくださった)

このような感じでやって頂いています、するとそろそろ思うのは―

バード「つ、次はいよいよ何をリクエストすればいいんだ??」

ということですw。


せっかくの機会なのでブログを読ませて頂いているファミリーの方(無論それ以外で初めて同卓する方とも)とたくさん同卓出来たらいいなと思っております、よろしくお願いします…(*´∀`*)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

バード(メン)

Author:バード(メン)
訪問ありがとうございます、天鳳やその他麻雀関連のブログです。天鳳で起こった出来事や麻雀を軸とした物語を実話だったり想像で書いています。天鳳ID:焦燥のバラッド(八段、鳳南民)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
自己紹介 (1)
読み物 (61)
初フリー~列伝 (4)
天鳳系 (24)
麻雀恋愛小説ラストスマイル (12)
ある日の天鳳 (5)
バードのフリー入門 (4)
嬢との麻雀 (4)
大阪編 (7)
<番外編> 競馬場に咲いた花 (3)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

飛来してくれた方

ツイッター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。