バードの麻雀雑記帳

天鳳(チャオってなければ鳳南に居ます)やその他の麻雀記事を集めた雑記帳です、乾きまくった麻雀砂漠に水を掛けてやりたい…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

八段昇格♪

今日…、念願の八段へ昇段出来た。

八段


それを記念していろいろ書いてみたいのだがまずはID名に関する話から。

1、名前の由来

五段くらいの時に絶不調過ぎてなぜか「ブログでも始めてみようかな」と思い「バードメン」という名前で書き始める。月刊ネットマージャンにも登録して面白いブログがたくさんあることを知る、様々な刺激を受けた。

年明け、七段に上がるちょっと前に「天鳳民はツイッターがマスト」のような記事をどこかで読んでツイッターを始めてみた。

天鳳を始める時に名前は<漢字+カタカナ+ひらがな>にしようと思っていた、だから歌の曲名から取ろうと思いふと思いついた「シトロエンの孤独」にしようと思っていたのになぜか「焦燥のバラッド」という名前で登録してしまった。

(人の5倍はロックを聴いているはずだがこの時他に浮かんだのが「勝手にシンドバット」だったw、好きな歌であることは間違いないがちょっと違うかなと思い断念)

「あっ、間違った」と思ったが登録してしまったから仕方ない、なのでツイッター名を「シトロエンの孤独」にしてしまう。

これが間違いだった。

全部IDで統一していれば問題はないのだが3つも名前が違うと分かりづらい、「天鳳で旧友と再会」で登場してもらった友人にも「ID名とツイッター名は同じ方がいいですよ、コミュニケーション取りづらいんで」と言われてしまう。

バード「うーん、困ったな。あっ、じゃあ八段になれたら改名することにしよう」

と思い立ち挑戦が始まったのだった…。


2、挑戦の過程

鳳凰卓で打つようになって改めて思ったのは「麻雀は実力ゲーム」だということ、高段者と打ってて思うのは点棒あったら放さないし点棒無いときっちり手を作ってくる。無論、高段者だから手が入る訳ではなくほぼ最短手順で条件を満たす手を作ってくるのだから強いはずだ。

一度、印象的な対局があった。

誰もが認める「強者」である十段の方と同卓した時のこと、ラスを引いた。

誰もが認める強者ゆえにその対局には多くの観戦者が居る、対局後TLをチェックしているとご意見番(最近引退の報を聞いた)より「ゴミ、ゴミ」と散々ディスられていたw、あの時は天鳳をやめようと思うくらい辛かったww。

しかし―、そうこうしながら打ち続けているとやがて昇段の機会を得た。

が、結果から言うと昇段戦を6回くらい失敗した。残り50pだったから上卓へ、そこでラス。。追っかけに一発で3枚切れのカンチャンを掴んで時間ギリギリまで待ってからタメロンされた挙句裏3でトバされた時はさすがに少し「イラッ」としてしまったw。

バード「(U`皿´U)おんどれェ、トップ取るまでやったるわ」

とアツくなって予約、なんと10戦目でようやくトップ。しかしなぜかまた予約を押してしまっていて11回目でまたラス、ホントに何がしたかったのか分からないw。

それでまた鳳凰卓で揉まれて昇段戦、次は残り70pだったから特上卓へ。

が、またもラス。粗いミスが目立ったし展開がどうも自分に良く作用しなかった…。

バード「(U`皿´U)おんどれェ、トップ取るまでやったるわ」

と、またアツくなったもののトップの前にまたラスを引いたから敗走。。この後もこういうのを特上で何回か経験した。

また鳳凰卓で胃が痛くなりながらポイントを貯めて昇段戦。

バード「そういえば…鳳凰卓で打ちたくてこのゲーム始めたんだった、だったらここで昇段戦をするのが道理マンなんじゃないか?」

とふと思い立ち今度は鳳凰卓で挑戦。

が、自分より高段者3人に囲まれてラス。。少しだけ幸いだったのは完全な実力ラスだったことだろうな…。

バード「OiOi、どんだけ難しいの?」

こう思わずにはいられなかった、また鳳凰卓で前のめりに攻めまくりポイントを貯めて昇段戦へ。

1戦目、自分の親リーにペンチャンリーのみで追っかけられて打ち込んで裏3の満貫(ネタっぽいけど実話)。「またなのか…」と思っていたらオーラスで3着目が跳満に飛び込んで繰り上げ3位。

バード「これは…ツイてる」

即座にまた予約、オーラス2着にいた。条件は跳ツモ、ラスはまず無い位置。そこでリーチにドラポンで応戦、ドラを加カンしてリンシャンツモという劇的な展開でトップを取りようやく、ようやく達成出来た…。

初めての昇段戦から60戦くらい掛かったことになるw、この間は文字通り寝食を犠牲にして打った、どんだけメンタル弱いんだろう。。


3、確変と地獄モード

天鳳民の間では「確変」(好調が続くこと)や「地獄モード」(不調が続くこと)の存在がまことしやかに囁かれている、これは本当にあるんだろうか。

こと自分の話をすれば1ヶ月周期で好不調が訪れている、始めた11月、1月、3月(今月)が「好調」、12月、2月は「不調」だった。

確変の例:1、鳳凰民への最終試験「六段」の時期、70戦足らずで昇段を決めた。ポイント効率が八段より悪い六段で好調だったのはありがたい、ツイていたと思う。おかげで1月の特南ランキングはずっと2位だったw。

2、今月も鳳凰卓で好調をキープ、手が入る局が多い。周りが強い中で好調というアドバンテージがあるのは非常に心強かった。結局この好調のおかげで八段になれた。

地獄モードの例:1、作業の合間に「ちょっと1回」と打ってラス、というのをたったの5回繰り返して五段から落ちた。。

2、2月、「取りあえず黙って5回打ってみよう」と打ち始めると4連ラス。。心が折れて最後の1回は一般卓で初めてサンマを焼いた、70000点のトップだったけど全然嬉しくなかったw。

3、過去書いた日記(「大三元は1週間で2度打つ」)にもあるように役満を連続で放銃、しかしこれは自分がヌルいだけであまり地獄モードは関係無いと思うw。


こんな出来事があった、要は奇数月だけ打っていればいいということらしいw。

信じる信じないは自由だろうがあまり意識し過ぎないようにしたいもの、オカルトっぽい話は全く信じないけど2月1日にどなたかが「2月の地獄モード当選はIDが<さ行>の人です、おめでとうございます」というツイートをされててそれを見た時はちょっと「ドキッ」としてしまったw。


4、成績

ようやく改名出来たので成績を貼ってみたい、参考までに七段達成時のものも。

八段データ

七段データ


↑見よ、この確変力をww!!!

効果的な「確変を入れて欲しい旨の嘆願書」の書き方については10000ペリカくらいでお教えしますのでご希望の方はお気軽にコメントして下さいねw。

昇段するまではいろんなことが手につかなかった、いい歳して恥ずかしいのだがようやく様々なことに取り掛かれる。来月からもうないかと思っていたが新しい展開も、そちらに注力することにしたい。

ブログもいろんな記事が書きかけのままだ、「ラストスマイル」や「バードのフリー入門」、「嬢との麻雀」。そしてなぜか反響が大きかったエリートな友人の昭和な奥様との顛末なども書いていきたいw。

このブログを訪れて頂いている方はかなり「コア」な麻雀ファンだと思いますw、これからもシコシコ更新していきますので何卒よろしくお願いします…(*´ω`*)


関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

おめでとうございます!
うぉおおおお、ついに八段様ですか!すげえっす!!
四段で足踏みしているどこぞのダメメガネとは違いますね

そして、エリート妻に進展が・・・?期待しちゃうお!

  • 2012/03/12(月) 21:15:36 |
  • URL |
  • メガネ部長 #MvSKUjhA
  • [編集]

ありがとうございます m(__)m

これからはブログガチ勢になっていきたいと思っておりますw。

許されぬ恋、多分今回件の方は来ないと思うのですがご期待くださいww。

  • 2012/03/12(月) 21:58:12 |
  • URL |
  • バードメン #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://thebirdmen.blog.fc2.com/tb.php/98-deb97364
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

バード(メン)

Author:バード(メン)
訪問ありがとうございます、天鳳やその他麻雀関連のブログです。天鳳で起こった出来事や麻雀を軸とした物語を実話だったり想像で書いています。天鳳ID:焦燥のバラッド(八段、鳳南民)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
自己紹介 (1)
読み物 (61)
初フリー~列伝 (4)
天鳳系 (24)
麻雀恋愛小説ラストスマイル (12)
ある日の天鳳 (5)
バードのフリー入門 (4)
嬢との麻雀 (4)
大阪編 (7)
<番外編> 競馬場に咲いた花 (3)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

飛来してくれた方

ツイッター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。