バードの麻雀雑記帳

天鳳(チャオってなければ鳳南に居ます)やその他の麻雀記事を集めた雑記帳です、乾きまくった麻雀砂漠に水を掛けてやりたい…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

七段昇格♪

昨日、やっと七段に昇格出来た。元々ここを目指して始めただけに感無量、とても嬉しい出来事になった。

天鳳を始めたきっかけは以前書いた日記の通り友人とのやり取り(天鳳を始めたきっかけ)から、因みに初めて鳳凰卓を観戦して戦慄を覚えたのは当時十段で現天鳳位である「独歩」氏のものだ。

その後、友人は鳳凰民であるとのことだったが実際は五~六段エレベーターを繰り返していることが分かる。IDを教えてくれないからおかしいと思ったし何だか拍子抜けしたような感もあったが結局自分のために打ち続けた。

到達は501戦、490戦程はずっと東南戦を打っていた。

自分のやり方を紹介すると始める時に目標を「鳳凰卓で打つ」(七段、レート2000以上)に設定、そしてまず「鳳凰卓最小到達試合数」を調べてみた。

調べるとちゃんとあるもので男性麻雀プロの方が出した「225」戦というものがあるようだ。「意外と早く行けるんだな」とのん気に思いつつスタート、だがこれがいかに難しいかはこの時分かっていなかった…。

余談であるがなぜ最小到達を調べたのかというと銀行員の弟分(親友であり彼もまた雀友)に昔言われたことを思い出したからである。

「何かの試験勉強する時は最低合格点を調べるんです、そしてそのちょっと上を目指して頑張る。合格が目的な訳で何も一番で受かる必要はないんですよ」

「あぁ、なるほど」

こんなアドバイスを貰ったことがある、それ以来何か目標を立てた時はいつもこのメソッドを実践している。東大卒の彼らしいなんともスマートなアドバイスw、これを天鳳でも使ってみた、という話。

閑話休題。

実際始めて見ると225戦で自分は四段までしかいけなかった、記録と言われるだけあってこれはやはりものすごいものだ。

まぁ記録は目安の一つであってそれを狙っているのではないのだから225戦でダメなら300戦(無理だと分かっていたが)、400戦(これもキツそう)、500戦で達成出来ればいいかという気持ちに切り替えてリスタート。

272戦で5段に。が、ここで急ブレーキ。。「よし、先制リャンメンで曲げられた」と思ってリーチすると逆襲にあってよく打ち込みに回っていた、悪夢の5ラスとか食ってあっという間に四段に落ちた。。

「う~む」

天鳳をやる方なら分かって頂けると思うがこれはどうしようもなく精神衛生上悪い、白髪が増えるというよりか頭髪が抜けるくらいのストレスだったw。

当然―、モチベーションも下がる訳で。。3日くらい放っておいてからまた打ち始める。

紆余曲折がありつつシコシコやっていたんだが年末年始くらいから突如「神風」が吹いてなんとか達成出来た。俗に「確変」(天鳳用語で好調が続く状態のこと、パチンコの確率変動からのものと思われる)と言われる状態だろう、非常に「ツいて」いた。

達成時の成績、1戦増えているのは昇格してついテンションが上がってしまい鳳南で打ってしまったw。デビュー戦の着順は2位w、いきなりいつも観戦しているスターと同卓出来て嬉しさが一層増した。

■全期間 / 段位戦 4人打ち
七段 1445pt R2079
対戦数: 147+150+111+94 = 502
1位率: .292 (147回)
2位率: .298 (150回)
3位率: .221 (111回)
4位率: .187 (94回)
飛び率: .047 (24回)
通算得点 : +3046.0
平均得点 : +6.06
通算順位点: +1980
平均順位 : 2.30
配牌数: 5272回
和了率: .241 (1274回)
放銃率: .117 (620回)

短期の成績なのでなんとも言えないが精一杯やって出たのがこれ、ということだろう。一つだけ確実に言えるのは実際の雀力より確実に良い成績だw。

後、七段昇格のメリットは憧れの人たちと打てるだけでなくイベント等にも参加出来る、というのもあるだろう。現状のイベントは鳳凰民以上じゃないとまず参加資格すらない、これは問題だと思う。昨日せっかくなんで参加してみようと思ったら丁度終わってしまっていた、プロの試合に出てみたいと思っている訳では全くないが次回は是非参加したい。つの氏、願わくば自分が七段でいる内にお願いしますw。

さらに、天鳳ブログ界のゴッド・ファーザーであられる方が参戦している「雀荘戦」もやってみたい。昔フリーでの収支を上げるにはどうしたらよいか?というのを結構本気で考えていたことがあるw、そのサンプルを集めるという意味でもやってみたい。因みにその方のブログを四段に落ちて天鳳を離れていた時にずっと読んでいた、クスクス笑いながら読んでたらまた天鳳が打ちたくなったw。

それなりに長い時間麻雀を打ってはいるのだが人様にご披露出来るような戦術などは無い、なのだがこれからは何か気付いたことがあったら書いて行きたい。

戦術は無いものの多分人より多くやっていることがあって…、それは「観戦」なんだけど次回はそのことについて書いて見たい。

結局何が書きたいか分からなくなってきたけど掲げた一つの目標を達成出来たというのは事実、段位戦は少しお休みしてこれからはもっとブログの更新頻度を上げていきたいもの…w。
関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://thebirdmen.blog.fc2.com/tb.php/74-27fcab8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

バード(メン)

Author:バード(メン)
訪問ありがとうございます、天鳳やその他麻雀関連のブログです。天鳳で起こった出来事や麻雀を軸とした物語を実話だったり想像で書いています。天鳳ID:焦燥のバラッド(八段、鳳南民)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
自己紹介 (1)
読み物 (61)
初フリー~列伝 (4)
天鳳系 (24)
麻雀恋愛小説ラストスマイル (12)
ある日の天鳳 (5)
バードのフリー入門 (4)
嬢との麻雀 (4)
大阪編 (7)
<番外編> 競馬場に咲いた花 (3)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

飛来してくれた方

ツイッター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。