バードの麻雀雑記帳

天鳳(チャオってなければ鳳南に居ます)やその他の麻雀記事を集めた雑記帳です、乾きまくった麻雀砂漠に水を掛けてやりたい…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

初フリー~師匠編

このコラムを読んで頂いている方にはすっかりお馴染みであろう人物が居る、「師匠」と呼んでいる友人だ。彼とは18の時に知り合った、友人宅でオレはファミコンとかで握ってる時に隣の部屋で麻雀をやってたのが彼(今思えば彼が安い台でやってたのが信じられない)らだ。当時は麻雀をしなかったから何が面白いのか全く理解できなかった、なので彼と仲を深めたのは麻雀をし始めてからということになる。

同窓会の時に麻雀の話になり「オレも相当打ってるよ」のようなコトを言ったら彼が興味を示した、「お前向いてると思ってたよ」と言う。理由を聞くと「チンチロ強かったから」とのこと、あんなの腕もへったくれもないけど確かに当時勝っていた。それから「じゃあ打とう」ということになったんだけどまぁ強い、驚いた。

まず牌捌きからして相当なものである、凝視しても小手返しされたらツモ切りか手出しか分からない。右端からクルクルと回して左端まで回してまた戻すなんてのは初めて見た、後、房州さんがやる片手でパタパタと倒すヤツ(蛍返しというらしい)をキレイにやるのも初めて見た。まぁこんなのは小手先のものでしかないがどれだけ牌が手に馴染んでいるか、よく分かった。

後、麻雀格闘倶楽部をオレがやってると言ったら「オレもやってる」と言う。一緒に打ったらなんと全国ランカーであった、だが随分前にカードを面倒になって売っぱらったらしい。そのゲームでもやはり強かった、10000戦以上やってて勝率が3割7分とかなんだから相当なものであろう。

昔、オレが待ち合わせのゲーセンであのゲームをやってたら彼がやって来て後ろで見てた。そしたらリーチが入り無筋の牌を持ってきて一度だけ使える「長考」ボタンを押した。そしたら彼が言う、

「ん?何迷ってんの?」

「どうしようかなぁって。」

「行くにしろやめるにしろそんな牌は大通しでしょ。」

と言われた。そこから彼はリーチの手牌全部を読みに掛かった、雀頭まで言い切って見せる。そして手が開かれると一箇所だけ外れてたが後はそのまんま彼の言うとおりだった、マジックでも見せられたような気になったものだ。

「あぁ、ズレたか。」

と言うものの当時のオレには全く理解出来なかった話である、多分今でもそうだろう。その時は知らなかったけどフランケンの竹井みたいだなと今は思う、あのマンガで描かれてるようなコトをやっていた。

因みに彼は理系の人間である、かと言って所謂「デジタル」という気もしない。様々な引き出しを持っている、その数は計り知れない。

オレも彼のようになりたくっていつも色んなことを聞いた、けどいつも彼はマトモには教えてくれなかった。どうせ理解できないと思ったんだろうか、ヒントのようなものしかくれない。だから特に何も教わってないけど自分より絶対強いからという理由で「師匠」と呼んでいる。

あぁ、そういえば一つだけ教わったな。「発声は低い声で」らしい、なぜ?と聞くと「高い声の強い打ち手に会ったことがあるか?ないだろ?」とのことだった。決してそんなことはないと思うが彼に教わったのはこれくらいのものだ。

こういう具合で仲が深まり彼とはたまに一緒に打つ機会があった、彼は街のフリー雀荘に行かないからどうしても打ちたい時はオレが誘って無理矢理連れてったり。後はセットか、彼のせいでとんでもない台で打ったこともあった(詳しくは「誕生日祝いセット」の回を参照のこと)。

しかし―強い、半荘単位で上になったことはあるが全体を通して彼より上回ったことは一度も無い。最初は「アツい」とか思ったけど今ではもう思わない、ただ1ミクロンでも彼に近づきたかった。

人読みだとか体勢読みだとか山読みだとかある、これは上達すれば少しは身につくのかもしれない。が、彼に言わせると一番単純なのは打点(当然手牌も)読みらしい。まぁある程度まで行けば格段に上達するものでもないだろうからそういった部分での上達が必要になってくるのだろう、彼の精密な打点読みは何度も目の当たりにした。

オレがリーチを打っている、

「ゴーニーで勘弁してくれ。」

とロン牌を切ってくる。

「ロン、5200。」

苦笑しながらあがる、裏ドラも乗らなかった。「どうして?」と聞くと彼はニヤニヤするばかり、早目に打たれたリーチにベタオリばかりしてる自分にはやはり理解出来ないのだろうか…。

師匠列伝はたくさんあるんだけど中には書くのに適さないものもあるからまた別の機会に書きたいと思う。

何も教えてはくれないのだが彼の麻雀後とかにご飯と酒を何度もご馳走になった、吉野家だった時もあったがだいたい回らない寿司屋が多かった。

麻雀の話ばかりする訳でもなく飲みつつ雑多な話をする、彼も酒飲みだから大抵長っ尻。麻雀で絶対に追いつけない何かを持つ彼の感性はいつもオレの何かの琴線に触れた…。

会計、寿司屋の大将が

「二万でいいよ。」

と言う。彼が払って外へ、そしたら

「あの店ホントはこんなに安くないんだぜ。」

と彼が言う。

「負けてくれたのかな?」

と言うと

「バカ、オレらどう見ても金なんか持ってそうに見えないだろ?だからだよ。」

「確かに、ラッキーしたね。」

「結局―、あの大将にも何も見えちゃいないんだよ。」

「えっ?」

「いや、何でもない。」

確かにそう言った、こんな何気ない会話の中に彼の強さを学ぶ「ヒント」があるように思えた。

年明けに、同窓会で再会する。麻雀を打つか分からないけど是非打ってみたい。だけど―

麻雀から離れているオレの見せられるのは所詮「去年の花火」でしかないのは残念で仕方ないが…。


追記:そういえば彼とももう数年は連絡すら取り合っていない、そろそろお手合わせを願いたい。ネット麻雀で鍛えた腕がどこまで通じるか試してみたいものだ…。

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://thebirdmen.blog.fc2.com/tb.php/53-074d4913
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

バード(メン)

Author:バード(メン)
訪問ありがとうございます、天鳳やその他麻雀関連のブログです。天鳳で起こった出来事や麻雀を軸とした物語を実話だったり想像で書いています。天鳳ID:焦燥のバラッド(八段、鳳南民)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
自己紹介 (1)
読み物 (61)
初フリー~列伝 (4)
天鳳系 (24)
麻雀恋愛小説ラストスマイル (12)
ある日の天鳳 (5)
バードのフリー入門 (4)
嬢との麻雀 (4)
大阪編 (7)
<番外編> 競馬場に咲いた花 (3)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

飛来してくれた方

ツイッター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。