バードの麻雀雑記帳

天鳳(チャオってなければ鳳南に居ます)やその他の麻雀記事を集めた雑記帳です、乾きまくった麻雀砂漠に水を掛けてやりたい…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

医学生との麻雀

以前日記に書いた現役O大医学部のバンドマンたちが打ち合わせで会社に来てた、それが終わった後に彼らと外に出掛けることになった。

彼らには担当者が別にいるのだがその女性とどうも彼らはソリが合わないらしい、なので前焼肉食べながら話してたようにオレが麻雀にでも連れてこうというコトになった。

「どこ行くの?麻雀?いいねぇ、僕もやったなぁ、バブルの頃。もう、コリゴリだよw。」

とは上司(P)の弁、相当な場を経験してきたんだろうなと容易に想像できたw。

梅田の雀荘へ、セットに来たのは初めてだ。あれ?いつもより混んでいる。

「女流プロが来ておりまして、セットは長く出来ないかもしれないですけどよろしいですか?」

とのこと、やはり需要があるようだ。移動も面倒だから卓へ。

そこで―彼らが4人とも学生証を準備している、あぁ、雀荘って学割があるんだったw。当然オレだけ持ってない、1人でも違ったらダメなんだろうか?

メンバーがそれぞれの学生証を確認、オレの方を見てくる、マズイかw?

「H(O)大の医学生さんやったんですね?」

「…今日はいい天気ですね」

と、肯定も否定もせず。まぁ浪人して入ったならオレくらいの歳のヤツが居てもおかしくはないだろうが、初めて医学生と勘違いされたのが雀荘だったのもおかしな話だったw。

何はともあれ学割にしてくれた、席決めをしようと風牌と白を出す。

「じゃあ白引いた人が抜けよっか?」

と、提案すると

「せっかくなんだから打って下さいよ、オレらで一人抜けますんで。」

とのこと。出来ればいいとこの一つも見せてみたいものだ、そうこうして対局スタート。

序盤、いつも思うのだがどこからがGOサインでどこからがストップサインなんだろうってコト。フリーならいつもだけど初めて打つ相手、自分の調子も分からない。

だがどうも手牌がまだ湿っぽかったんでどうしても引き気味で打ってた、そうするとリーチが入り当たり牌を握るのだが放銃することもなかった。

初戦は仕掛けた3900を一回あがり、後はずっとオリてただけでラッキー2着。

「地味だったねw、けどね…こういうラッキーあると次あたり爆発するかもよw?」

と、後ろで見てくれている彼に声を掛ける。

が、2回戦目は3着w。こういう適当な予測は当たらない、たまに当たったのを印象的に覚えているだけだ。だが、オーラス2着目で逆転手でリーチして3着の親に捲られた3着、そんなに感触は悪くなかった。

彼らは好きと言うだけあって、皆上手だった。たまに少し考えている時にとんでもないスピードで計算をしてる。「デジタル」なんて言われるけど彼らもそうなんだろう、が、奇跡のような確率に縋る医師というのもおかしいから至極当然のように思えた。

「考えるんじゃない、感じるんだ。音楽にも頭脳と感性がいるよ。」

なんて思考を簡単に停止しただけのようなコトを言ったw、が、せっかくなんで何か新しいものでも覚えてくれたらなおいいとは思う。

後3回やったんだけど結果はなぜかオレが3連勝、適当な予測は1回ズレて当たったw。

こういう爆発がなぜ起きるかは分からないが一つ印象的なあがりがあった、

中張牌ポン、端牌ポン、役牌の北をポンして残りが一一68(666)でトイトイになる前にツモって4,7。

普段はあまり出来ないような仕掛け、だがこっからもうどうやってもあがれてしまう確変状態に突入したような気がした。

こういう時ってだいたい何でも正解だから楽と言えばそうだ、彼らの教科書を見せてもらいながら打ったりw。医学書か、縫合のやり方がカラー写真で載っている。

「なんかグロくないですか?」

「…そだねw。」

数学や物理の本もあった、パラパラとページを捲る。

「いや、大変勉強になりました。」

と返したが全く何が書いてあるか分からずw、医師って理系なんだと改めて思ったw。

後はずっと音楽の話をしながら打ってた、オレが彼らの歳だった頃より確実にいろんな物を聴いてるようだ。

対局後、近々またやろうということで別れる。たまたまだが上手くいってよかった、ただそう思った。

しかし―

麻雀しながら音楽の話をするなんてオレの好きなコト尽くし、ある意味幸せだw。次回は負けるかもしれない、それでもまた彼らと打ってみたいと思えるくらい楽しい時間を過ごせたのだった…。


追記:件の彼らは相当にアバンギャルドな音楽を奏でていた、「金なんかいらないから音楽がやっていたい」と言ってたので諭したことがある。医師免許を取ったと聞いてなんだか安心した。
関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://thebirdmen.blog.fc2.com/tb.php/49-2d47465e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

バード(メン)

Author:バード(メン)
訪問ありがとうございます、天鳳やその他麻雀関連のブログです。天鳳で起こった出来事や麻雀を軸とした物語を実話だったり想像で書いています。天鳳ID:焦燥のバラッド(八段、鳳南民)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
自己紹介 (1)
読み物 (61)
初フリー~列伝 (4)
天鳳系 (24)
麻雀恋愛小説ラストスマイル (12)
ある日の天鳳 (5)
バードのフリー入門 (4)
嬢との麻雀 (4)
大阪編 (7)
<番外編> 競馬場に咲いた花 (3)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

飛来してくれた方

ツイッター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。