バードの麻雀雑記帳

天鳳(チャオってなければ鳳南に居ます)やその他の麻雀記事を集めた雑記帳です、乾きまくった麻雀砂漠に水を掛けてやりたい…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

実家での手積みセット

ついこないだ、実家ならではのセットがあった。「お前が帰ってきたなら」と言って企画されたもの、珍しいんだが我が家で開催された。

マットは友達が持ってきてくれた、牌は家に置いてある、引越した時に持ってきたんだけどなぜか2セットもあるから。今回はドンキで買った練り牌をw、アルティマと同じくらいのサイズだろうか。

ルールは普通なようで変わったものがある、1-1-2で一発ツモだけ5000点分の祝儀、赤は一枚ずつ入っているがドラなだけ。三連刻(2ファン)や四連刻(役満)が採用されていたり、チャンカンが無かったりテンパイ連荘だが南場はノーテンでも連荘だとかヤキトリがあるだとか馴染みの薄いものも多い、「こんな所?」って聞いたら「ああ」というんでまずはやってみようということになった。

面子は―

磨屋(みがきや)…唯一の妻帯者、子供も居て何ともカワイイ。研磨の仕事をしてて今日は奥さんのお許しが出て参加、久々にやったスロットが当たったらしくプチバブル、酒をいっぱい買って来てくれた。

ツダ(ラーメン屋)…前日も3時過ぎまで一緒に飲んでたがこの日も参加、当然翌日も仕事。麻雀は結構長くやっているようだが腕前は全く上がらない、彼に負けるようなら引退かw。

元アクション俳優(スタントマン)…去年まで都内でスタントマンをやってて実家に帰ってきた男、仕事関係の話は非常に面白いw。この面子の中では唯一「手役派」の印象を受ける、気に入らないテンパイは組まない辺りに拘りを感じる。

と自分。皆は面子も集まらないからそんなに打ってはいないらしい、一番打ってるのは間違いなくオレだろう。だが有名なプロの言葉に「人はなめても麻雀はなめるな」とあった、それに僅か3回戦では何が起こるか分からない。「2回あれば勝ちきれる」と豪語する名古屋の弟分が羨ましくもあった、少しドキドキしながら久しぶりに山を積んだ。

一回戦目、いきなりドラ色のマンズの染めやってるオレに磨屋が無筋のドラを叩き切って来る。どう考えても「居る」、そしたらラーメン屋がタンピン三色に飛び込む、やっぱり入っていたようだ。オレは全く手が入らず、けどチョコチョコあがりオーラス満出条件までこじつける。が、ラーメン屋の6巡目ドラ3チートイを謎の3を引かれてトップをさらわれた、被ったせいで3着に終わった。。

二回戦目、一回戦目ヤキトリのラスだったアクション俳優に突如台風が訪れる、リーヅモドラいっぱいをたくさんあがられてトップは彼に確定。こうなると重要なのは2着、きっちり守りきって2着。けどたったのプラス3、最終戦はいよいよ負けられなくなった。

最終戦、たったの三回というが手積みだし打つのも遅めだから時間が掛かるものだ。しかも毎回場替えがあるし時間を掛けようとしてるとしか思えない、ルール改正が必要だろう。そんな中たまたま座ったのが前回のトップ席、席と順位の因果関係はいつまでたっても分からないが急に手が軽くなった。

トップ目で迎えた南二の親番、流局で三本場。ここで細かくあがりを重ねて五本場へ、皆怪しい手作りをしてたもんだからオリ。染まってたと思ってたラーメン屋が磨屋の四に「ロン」、役牌だけの1000点。両面を嫌ったシャンポン、意外な待ちだったw。

そしたら―

「あれ?チョンボじゃね??」

との物言いが入る、別にフリテンではない。だがよくよく聞いてみれば五本場以降はリャンハン縛りとのこと、じゃあチョンボだ、しかし言っておいて欲しかったw。

リャンハン縛り、これほど慣れていないルールも少ない、セットとかだとメジャーなルールなんだろうか?これ以降異様に場が重たくなる、しかもノーテンでも親が流れないからずっとオレの親が続く。あがったり流局で最後には十本場、これだけ積んだのはちょっと記憶に無い。

そこでアクション俳優がその日初の一発ツモで磨屋がトンで終了、12時半くらいから始めたんだが終わったのは日ももう昇り始めた5時半とかだったw。

最後の大トップが効いてプラス70とか、まぁいい。久々に飲みながらセットとかして楽しかった、話ながら打つなんてのも珍しいから。

時間が思いのほか掛かったから観想戦などは無し、各々予定があるらしく三々五々帰っていった。

ホントは聞きたいことなどもたくさんあったのだが仕方ない、麻雀打つためだけに割ける時間なんて普通はそんなに取れないらしい。

「アナログ」感たっぷりのセット、こんな麻雀もたまにはたまにはいいものか…。
関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://thebirdmen.blog.fc2.com/tb.php/47-8c90e77f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

バード(メン)

Author:バード(メン)
訪問ありがとうございます、天鳳やその他麻雀関連のブログです。天鳳で起こった出来事や麻雀を軸とした物語を実話だったり想像で書いています。天鳳ID:焦燥のバラッド(八段、鳳南民)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
自己紹介 (1)
読み物 (61)
初フリー~列伝 (4)
天鳳系 (24)
麻雀恋愛小説ラストスマイル (12)
ある日の天鳳 (5)
バードのフリー入門 (4)
嬢との麻雀 (4)
大阪編 (7)
<番外編> 競馬場に咲いた花 (3)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

飛来してくれた方

ツイッター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。