バードの麻雀雑記帳

天鳳(チャオってなければ鳳南に居ます)やその他の麻雀記事を集めた雑記帳です、乾きまくった麻雀砂漠に水を掛けてやりたい…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

ルール確認が大事

平日に珍しく休みが取れたので近くに<安心して遊べる雀荘>もない「田舎」からとある「街」へ。

駅近くのアーケード街すぐに雀荘の看板を見付ける、「あれ、こんな名前だったかな」と思いつつ入店。

店内に入ると以前来たことがあるようなないような感覚があった、「新規」という旨を伝えると「○○ってお店に来たことはありませんか?」と尋ねられた。その時に「あぁ、あの店の系列なんだ」(麻雀界のニュースに疎くてこの時は何も知らなかった)と思う。

ホントは何店舗も行ったことはあるがルールが確認したいので「初めて」と伝えた。するとおざなりな(言い方は悪いがかなり雑だった)ルール説明が始まる、そこはある数牌に懸賞牌がある店だった。

(※主なルール確認事項は以下の通りか)

・土台となるレートとウマ
・親はテンパイ連荘かあがり連荘か
・本場の点数
・祝儀の額と、貰える条件
・途中流局の種類と扱い
・特別なハウスルールの有無
・流し満貫の扱いと国士の槍槓あがりについて

分かったような分かってないようなまま早速1人抜けた卓へ案内される、牌を握るのは12月の天鳳セット以来だった。しかしどこにでもある「ピンジャン」のルール、一抹の不安はあったもののこうしてその日の麻雀が始まった。

1本目で対面のおじさんがあがり、点数申告をした時に違和感を覚える。懸賞牌を絡めた食いタンのみで少し恥ずかしそうに

「300,500」

と言った。懸賞牌は2枚あるが1枚には店名が掘られている、おじさんがあがったのは店名が無い方だ。

バード「あら?片方だけドラなの、こんなルールだっけ、変わったのかなぁ?」

周りも何も言わないし後ろで見ていた女性メンバーも無言、結局それに倣って点棒を支払った。



そこから3本打って<311>と勝利を収めることが出来た、精算をしている時にふと「赤は片方だけドラなんですよね?」と尋ねると「いえ、2枚ともドラですよ。片方だけ祝儀の対象ってだけで」と衝撃の回答が。


バード「…」

赤赤のチートイをリーチでツモって「2000,4000の1枚」と言っていた僕はとんだ情弱野郎だった訳でした。。

まぁ、周りも教えてくれないけど悪いのは自分なのでなんともスッキリしない展開。

帰り際、ずっと後ろで見ていた女性メンバーが見送りに出てくれた。

バード「麻雀出来ます?」

メンバー「いえ、全く。お店にも今週入ったばっかりです」

バード「あぁ、そうなんですね」

メンバー「あの…、クルクルするやつカワイイですね」

バード「…?あぁ、アレですか」

彼女は局の展開を見ていたのではなく、僕が右端の牌をクルクル回すのを何となく気に入っていて見ていたらしかった。

メンバー「またお願いします!」

目一杯の笑顔で言われるとさっきまでのモヤモヤが消えるような気がした。

こんな時もあるか、近々またこの街へ行く予定がある。その時はまたこの店に立ち寄ってみよう、そんなことを思った…。



やっぱり点数は全部「8000,16000(16000オール)か32000(48000)」って言うに限る…。
関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://thebirdmen.blog.fc2.com/tb.php/132-89c3e9a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

バード(メン)

Author:バード(メン)
訪問ありがとうございます、天鳳やその他麻雀関連のブログです。天鳳で起こった出来事や麻雀を軸とした物語を実話だったり想像で書いています。天鳳ID:焦燥のバラッド(八段、鳳南民)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
自己紹介 (1)
読み物 (61)
初フリー~列伝 (4)
天鳳系 (24)
麻雀恋愛小説ラストスマイル (12)
ある日の天鳳 (5)
バードのフリー入門 (4)
嬢との麻雀 (4)
大阪編 (7)
<番外編> 競馬場に咲いた花 (3)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

飛来してくれた方

ツイッター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。