バードの麻雀雑記帳

天鳳(チャオってなければ鳳南に居ます)やその他の麻雀記事を集めた雑記帳です、乾きまくった麻雀砂漠に水を掛けてやりたい…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

ラストスマイル 第11話

セナのプロ試験日になった。

話を聞くと一日潰れるらしく終わってから一緒に酒を飲む約束を取り付けオレは午後から大学へ、2つの講義をただ座っていただけで終えると横浜へ戻った。

相鉄口近くの居酒屋へ、駅が近いということもありかなりの頻度で利用している店だ。そのせいか店の従業員にもすっかり顔を覚えられている。

待ち合わせだということを告げ1人で瓶ビールをしばらく飲んでいるとセナがやって来た。

「ゴメン、待った?」

そう言って近寄ってきた彼女はグレーのパンツスーツ姿だった、長身の彼女はとても様になっている。初めて見るその姿にオレは内心のドキドキを隠すように「いや、そんなに待ってないよ」とぶっきらぼうに返すと手で対面の席へ座るよう促した。

「無事試験が終わったということで乾杯」

こんな台詞と共にグラスを合わせる、彼女はよほど喉が渇いていたのか一息でグラスのビールを飲み干した。

「えーとね、自分で言うのも変な感じだけど多分合格すると思うよ」

オレが2杯目のビールを注いでいると彼女はそう言った。

「あぁ、よかったじゃない。筆記と実技と面接だっけ?そんなに上手くいったの?」

「筆記は答えがある問題は全部出来たと思うし実技は全連対、面接でも周りのコにルックスで負けてるとは思えなかったからこれは受かるでしょ?って思っちゃった」

「そうかぁ、じゃあプロ雀士セナの誕生だね。もう一回乾杯しよう」

オレがグラスを掲げると

「ありがとう、乾杯」

彼女がグラスをまた合わせてきた。

以前は特段プロになることにメリットを感じなかったから反対するようなことを言ったけど今は上手くいったと聞いてそれはそれで嬉しい。

彼女も試験が会心の出来だっただけにいつもよりテンションが高い、2人でかなりのハイペースで瓶ビールを消費していった。

「そういえばさ、一緒に受験した人で点数計算が出来ない女のコがいたよ」

試験の話をしていると彼女がこんなことを言った。

「えっ?プロ試験でしょ?信じられないな」

驚きを隠せない。

「なんで来たんだろうね?あぁ、お記念受験ってヤツかな?」

「麻雀プロのお記念受験ねぇ、なんかよく分からないな」

公式戦のオーラスとかで点数が分からない、そんなことはあってはならないことだろう。

「まぁ、そういう人は残念だけどダメだろうね」

こんな話をしつつ酒を飲む、この日はかなりハイペースだったせいか2人とも思いのほか酔っ払っていた。

「さて、これからどうしようか。麻雀するには飲み過ぎた気がするなぁ」

「ねぇ…君の家行ってもいいかな?」

オレの質問に彼女は上目使いでさらに質問をかぶせてくる。

「もちろんいいよ、あっけどスーツしかないのか。まぁオレの服を着るといいよ」

「ううん、着替えは駅のコインロッカーに入れてきてあるの。もし君に断られたらそのまま持って帰ろうと思ってたんだ」

こんなドキッとするようなことを言う。

「…バカだな、オレが居なくたって来ていいのに。じゃあ出よう」

「うん」

駅で彼女の荷物を取ると我が家へ向かう。家までの歩き道、彼女は余程疲れていたのかずっとオレにしな垂れかかっていた…。

寝る仕度を整えていつものシングルベッドに2人で横たわる、電気を消した。


「そういやさ、合否っていつ分かるの?」

「1ヶ月後って話だったよ」

「随分焦らすね、遅延行為はご遠慮くださいって話だよな。まぁ君は大丈夫だろうけど」

「だといいな。もし受かったら君のおかげだよ」

「えっ?オレは何もしてないよ」

「私がそう思ってるんだからいいの」

「ならそれでいいや」

「ふふ…ありがとう、オヤスミ」

彼女はそう言うと暗闇の中キスをしてきた、「こんな大胆な一面があったんだ」と思う。

「オヤスミ」

と何とか返すとその後会話は無くなった、しばらくすると彼女の寝息が小さく聞こえてくる。

オレはそれを聞きながらなんだかドキドキしてしまっていた、その晩は中々眠りに着くことが出来なかった…。


そして、1ヵ月後―

予想通り彼女の元に合格通知が届いた。これはまぁ順当な結果だろう、それより驚いたのは例の点数計算が出来ないコも一緒に合格したということだった…。
関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

続き待ってましたo(^▽^)o

次回も楽しみにしてます。

  • 2012/05/22(火) 20:40:40 |
  • URL |
  • こはる #-
  • [編集]

書けない理由はないのですが遅筆ですみません(´;ω;`)

しかし楽しみにしているという応援が書く原動力になります、またよろしくお願いします(*´∀`*)

  • 2012/05/22(火) 22:46:36 |
  • URL |
  • バード #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://thebirdmen.blog.fc2.com/tb.php/120-065bf442
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ラストスマイル 第11話】

セナのプロ試験日になった。話を聞くと一日潰れるらしく終わってから一緒に酒を飲む約束を取り付けオレは午後から大学へ、2つの講義をただ座っていただけで終えると横浜へ戻った。

  • 2012/05/20(日) 17:26:04 |
  • まとめwoネタ速neo
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

バード(メン)

Author:バード(メン)
訪問ありがとうございます、天鳳やその他麻雀関連のブログです。天鳳で起こった出来事や麻雀を軸とした物語を実話だったり想像で書いています。天鳳ID:焦燥のバラッド(八段、鳳南民)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
自己紹介 (1)
読み物 (61)
初フリー~列伝 (4)
天鳳系 (24)
麻雀恋愛小説ラストスマイル (12)
ある日の天鳳 (5)
バードのフリー入門 (4)
嬢との麻雀 (4)
大阪編 (7)
<番外編> 競馬場に咲いた花 (3)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

飛来してくれた方

ツイッター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。