バードの麻雀雑記帳

天鳳(チャオってなければ鳳南に居ます)やその他の麻雀記事を集めた雑記帳です、乾きまくった麻雀砂漠に水を掛けてやりたい…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

ラストスマイル 第10話

席順は上に彼、対面がセナ、下にプロ。

女流麻雀プロと打つのが初めてなのでとても興味があった、ふと見てるとなるほど、手つきなどはやはりとても上手だ。

だが店の責任者という立場からだろうか、常に店内をキョロキョロしていた。これではあまり対局に集中出来ないんじゃ?という思いがあった、たった1本でも真剣勝負がしたかったからそれは少しだけ残念だった。

ラス半は相変わらずオレがちょこちょこあがってトップ目に、上の彼は相変わらず甘い牌を下ろしてくれるから鳴く手は鳴いて曲げる手は曲げてあがる、という好調なペースを保てていた。

そうこうしてあっという間に南パツセナの親番、ここさえあがり切れば大分楽になる。早々に2000点の仕掛けを入れていた。

すると彼女が―

「ツモ」

と言って静かに一を置いた、そして

「12000オールです」

と言った。

一二二三三三三五六七七八九  ツモ一 ドラ七

ツモ、メンチン、ピンフ、イーペーコー、ドラドラは文句なしの三倍満。

「…はい」

ワンテンポ遅れて点棒を支払う、自分の手が入り方によっては四が出て行く格好だっただけに肝を冷やした。

だがこの瞬間からオレの意識は2位に向く、フリーはトップ取りが基本だけど36000あがった人に追いつこうとは思わない、いや思えない。

そこからはベタオリしたり捌いたりして対局はいよいよオーラスに。

ダントツがセナ、2位がオレ。プロはかなり離れた3位、ラス目の彼は3000点しかなかった。4000オールでは順位が変わらない、直撃を許す牌を打つ気はなかった。

「こういう時ってどう打つんだろう?」

ふとそんなことを思いつつ摸打を繰り返す、オレは一切鳴かす牌を下ろさないように打った。コンビ打ちだと思われたくもなかったけど、誰と打っててもこう打つんだから気にしないことにした。

彼女も似た感じで打っていたと思う、上の彼は手を作るしかないようで中張牌を2つプロにポンさせていた。オレ(セナもだろうが)はその仕掛けから6000オールの可能性を考えていた。

だが、いろいろと考えてはいたものの対局は呆気なく終わる。彼の打った(8)にプロが手牌を倒す。

「ロン、5800です。ラストで~す」

5800は3位のままだった、一瞬「あれ?」と思ったけど「まぁそうするよな」と思った。打った本人の彼は「あちゃー、いい手だったのに間に合わなかったかぁ」と笑っている、特に気分を害した様子もない。

約束の4回が終了、精算して帰ろうとするとプロがエレベーターまで見送ってくれた。

「ねぇねぇ、彼女どこかの雀荘で働いてたりする?今ウチさぁ、打てる子居なくてチョーピンチなの。ねっ、ウチで働かない?週1でもいいからさ」

オレのことはほぼ無視してこんなことを言い始める、彼女を見ると困ったような顔をしてた。

ちょうどエレベーターが来たので彼女を促すように先に乗せるとさっさと「閉」ボタンを押す。

「新規の客捕まえていきなりリクルートってなんだよな、もう2度と来ないね」

扉が閉まった瞬間に憮然としながらそう言うと

「君もさ、若い子に色目使っちゃってなんなの?」

「えっ?」

急にそんなことを言われてしまう、彼女は見たこともないくらい怒ったような顔をしてた。

「いや、その…すいません」

慌てて形ばかりの謝罪をしていると1階に着いた。

そんなに長居したつもりもなかったが渋谷の街はすっかり夕方になっていた。

「さて、どこに飲みに行こう?」

こう言いながら彼女の顔を見るともう怒った表情はすっかり消えていた。

「そういえば今日2人とも全連対だね」

確かにそうだった。

「今日に関しては最強コンビだね、けど大して儲かってないんだよなぁ。これだからゲーム代負けしに行くのはイヤだって言ったんだ」

素直に喜べばいいのにこんな憎まれ口を叩くと

「まぁ、勝ったからいいじゃない。今日の勝ち分で出来るだけたくさん飲めるトコ…、あっ、私センターで安くて美味しい店知ってるからそこに行かない?」

こんな提案をしてくれた、その瞬間なぜか「自分はこんな人と付き合いたかったのかもしれない」と思った。

「どうしたの?イヤ?」

「ううん、イヤじゃないよ」

「じゃ、行こう」

彼女が腕を組んでくる。伝わってくる体温にどこか今までと違う感覚を覚えたような気になりながら―

2人でスクランブル交差点を渡ったのだった…。
関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

おもしろい
このシリーズ大好き

  • 2012/04/21(土) 00:34:38 |
  • URL |
  • #-
  • [編集]

ありがとうございます!

構想は出来ていますのでちょっとずつアップして行きたいと思います(//∇//)

  • 2012/04/21(土) 13:14:31 |
  • URL |
  • バード #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://thebirdmen.blog.fc2.com/tb.php/113-49a9b603
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

バード(メン)

Author:バード(メン)
訪問ありがとうございます、天鳳やその他麻雀関連のブログです。天鳳で起こった出来事や麻雀を軸とした物語を実話だったり想像で書いています。天鳳ID:焦燥のバラッド(八段、鳳南民)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
自己紹介 (1)
読み物 (61)
初フリー~列伝 (4)
天鳳系 (24)
麻雀恋愛小説ラストスマイル (12)
ある日の天鳳 (5)
バードのフリー入門 (4)
嬢との麻雀 (4)
大阪編 (7)
<番外編> 競馬場に咲いた花 (3)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

飛来してくれた方

ツイッター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。