バードの麻雀雑記帳

天鳳(チャオってなければ鳳南に居ます)やその他の麻雀記事を集めた雑記帳です、乾きまくった麻雀砂漠に水を掛けてやりたい…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

女王様との麻雀

これは学生時代の話、いつものように大学が終わると繁華街へ向かう。

今になって思うがホントに他に楽しみがないのだろうかというくらい当時は雀荘へ日参していた、その日も某繁華街の店へ入店。

店内にツー入りの卓が1卓だけあったが、1人がラス半らしくその後に自分が入った。こうして何歳か分からないメンバー2人と2~30代の女性と打ち始めた。

しばらくすると2人新しい来客があり当然自分の卓に入ってきた、「珍しいな」と思ったのだが2人とも同卓者と同じく2~30代と思しき女性だった。

しかも、卓に入ってきた時にお互い軽い会釈を交わしていた。「知り合いなんだろうか?」と思ったが結局黙って麻雀がスタート。

展開的にはいつものようにあがったり振り込んだりを繰り返す、同卓の方々とも少しだけ話をしたりもした。

なので―

バード「あのー、皆さんお知り合いなんですか?」

と、会話の中で聞いてみる。すると―

女性A「うーんとね、同業者かな」

こんな答えが返って来た。

女性B「あっ、そうだ名刺あげるね」

女性C「うんうん、今度おいでよ。人生観変わるよ」

このような会話が続く、直感的に「水商売の方か」と思った。お三方がバッグから名刺を取り出す。

頂いた名刺には―

<SMクラブ 〇〇〇  ○○>

とあった。

バード「……」

なるほど、こういう「同業者」か。

とても珍しい対局をする機会だったと思う。好奇心だけは旺盛だったはずの学生時代、それでも結局1度もお店に行くことはないままだった。


ふと思い出した記憶、しかし思うのだ。

当時ムチで打ってもらえれば自分のヌルい麻雀も少しはピリッとしたものになっていたのかと、人生観が変わってその後の人生すらより良いものになっていたのではないかと。


こうして僕は、未だにGW久々の麻雀で刺さったエクスキューズを探し続けているのであった…。
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

バード(メン)

Author:バード(メン)
訪問ありがとうございます、天鳳やその他麻雀関連のブログです。天鳳で起こった出来事や麻雀を軸とした物語を実話だったり想像で書いています。天鳳ID:焦燥のバラッド(八段、鳳南民)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
自己紹介 (1)
読み物 (61)
初フリー~列伝 (4)
天鳳系 (24)
麻雀恋愛小説ラストスマイル (12)
ある日の天鳳 (5)
バードのフリー入門 (4)
嬢との麻雀 (4)
大阪編 (7)
<番外編> 競馬場に咲いた花 (3)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

飛来してくれた方

ツイッター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。